乙女座的思考

事実かどうかは別として

投稿日:

「若いって褒め言葉なの、かっ?」

つい最近誕生日を迎えたばかりの50代男性から、こんな問いかけがあった。
若く見えることを誉めてくれているのだろうけど、大げさに言われると「(実年齢は)そんなにおっさんなの?ってことか。。」と感じてしまったらしい。

少し共感できる。

私も、会って間もない人に「若いですね!そんなに大きなお子さんがいるように見えません!」と言われることがある。

同じ年代の人でも、まだ子どもが高校生、大学生という人もいるからなぁ…うーん、微妙…
「早く子育てが終わっただけで、年齢は変わらないよ ?」と言いたくなってしまう。

「若いですね!」が万人の褒め言葉ではないと感じるのは、自分自身が、それなりに年齢を重ねた変化かもしれない。

人は変わるものだからね。

年齢を聞いたときは、見たままの印象を伝えればいい。
本当に若いと思ったら、そのまま伝えても良いけれど、相手をリスペクトするための表現のバリエーションは、たくさん用意しておこう。

例えば、「へぇ〜。うちの父親と一緒の年代ですね!でも全然、父より若く見えますよ〜。肌のツヤとか全然違う〜!」とか、
「え!50代・・・ということは、渡辺謙と同じ年代ですね!ちょっとダンディな雰囲気ですけど、若く見えますね!」とか、

自分なりの表現を一言加えるだけで、相手の受けとり方も変わってくるはず。

自分らしさ

そういえば、人からどう見られるかを気にして、身動きがとれなくなってしまうクライアントは多い。

なぜそう思うのか、個別セッションではその根っこと対話する。
奥にある何らかの想いに気づいて、必要か不必要かを決めるだけで、世界は変わる。

周りの目が気になって、見られたい自分になろうとがんばっている人は

「うん、努力してるのね」と見える。

人からはありのままが見えるということかな。少なくとも私にはそう見える。

なりたい自分になるために努力するのは素晴らしい。けれど、本来の自分のステキなところを消してしまってはもったいない。
「弱い部分を自分で受けとめている人」こそ、魅力的だなと思う。

弱い自分

必要以上に飾らなくても、強く見せようと鎧で固めなくても良いんだ。

「ありのままの自分」って言葉は、語り尽くされた感があるけど、流行りものとは違うから、自己受容の大切さはこれからもずっと、実践しながら伝えていきたい。

ということで…若いですね!と言ってもらったことは、
そのまま素直に受けとることにしよう。

ありのままの自分

-乙女座的思考

Copyright© わたしとあなたの愛しかた 〜 Smile Note , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.